終活のために葬儀会社を探しておこう【家族の負担を軽減】

新しい法事法要の姿

手

経済的余計な負担はない

現代社会は核家族化が進み、従来のお寺との時合いも希有になって来ています。その結果、檀家も減り、法事や法要などいざという時にどう対処すればいいのか分からない人も増えています。その中で今俄かに僧侶派遣に注目が集まっています。昔と違い伝統と格式を重んじた葬儀は、故人の意志がこれまでは反映されていませんでした。故人の意志を尊重し、家族で静かに形式に囚われずに見送りたいと願うところからそのニーズは高まっているのです。いざという時に菩提寺と日程の都合がつかないと調整しますが、登録されている僧侶の数が多いのでそれが不要なのです。大きなメリットはお布施の金額が明瞭であることです。一般にはお布施の相場は3万から5万、車代が1万、戒名だと30万前後などと言われますが、僧侶派遣は金額が明瞭なので経済的な負担が少ないのです。また登録している僧侶も宗派が様々ですから故人にあった僧侶を派遣してもらえるのです。ただ注意点もあります。中には悪質な業者もおり、追加料金を請求したりするケースもあることから、実績があり信頼できる会社を選ぶようにしましょう。仮に菩提寺がある場合は僧侶派遣で葬儀を行う際は事前に確認を取っておきましょう。また最近は葬儀もお通夜、告別式行わない一日プランも登場し、その中に僧侶派遣のプランもあるようです。そうすれば葬儀費用全体が低額料金ですむことになります。僧侶派遣の対応地域も全国に広がっていますから、今後そのニーズはさらに高まることでしょう。