終活のために葬儀会社を探しておこう【家族の負担を軽減】

手

家族だけの葬儀

最近は、横浜市周辺でも家族葬を希望する人が増えています。最近の傾向をみると、かなり地位の高い人でも家族葬を希望する場合があるのです。そして、その殆どが故人の遺言によるものです。ただ、地位の高い人の多くは、家族葬の後にお別れ式を用意しています。横浜市内の葬儀社いは、この形の依頼が多くなっています。

詳しく見る

お墓

お墓の管理で悩まない

千葉県でお墓を探しているのであれば、永代供養墓のある霊園を探してみることをお勧めします。残された家族がお墓の管理で頭を悩ませるかもしれないという不安があるのであれば、霊園側で責任を持って供養をしてくれる永代供養墓を選択することをお勧めします。

詳しく見る

男性

どこを利用するのが良いの

突然の出来事で、まとまったお金が用意できない、少しでも費用を抑えたいと考えている人に最適なのが市民葬儀です。多摩市では市民の経済的負担を軽減できる制度を設けています。この制度を上手く活用して費用を抑えた納得できる葬儀をあげましょう。

詳しく見る

葬儀

形は様々あります

最近の葬儀場の形も変わりつつあります。成田の葬儀場もその一つです。菩提寺が無い方や無宗教の方、仏教以外の宗教の方も気軽に電話で相談ができる24時間対応する窓口があるのです。後日、葬儀の専門スタッフがご遺族のよきアドバイザーとなり、故人や家族が望む葬儀を執り行ってくれるのです。

詳しく見る

手

新しい法事法要の姿

僧侶派遣とは宗派に関わりなく故人や家族の意志で僧侶が呼べることです。従来のようなお寺との関わりがなくなった場合に、葬儀、法要、法事など悩むものです。またその費用も明瞭でないため、家族には大きな負担でした。僧侶派遣は明瞭会計、低予算で負担も軽減されます。注意点もありますが今熱い注目を浴びています。

詳しく見る

良い終活をしたい

女性

どのくらい残せばいいの

最近では、残された家族に負担をかけたくないと、終活をする人が増えてきています。しかし、いざ終活をしたいと考えても、何をしたらいいのか、どのくらいのお金を残せばいいのかと悩む人もいるでしょう。残された家族がまず負担と感じるのが葬儀費用です。葬儀をするためにはまとまったお金が必要になることから、終活をするためには、まず葬儀費用なども把握して必要なお金を残す必要があるでしょう。市川市の葬儀社では、いくつかのプランが用意され、どのプランを利用するのか、葬儀内容によって葬儀費用も違ってきます。市川市の葬儀社が提供している最もシンプルな火葬式では、安いところで16万円程度、平均は25万円程度です。一日葬で安いところで30万円程度、平均で47万円程度。家族葬では安くて37万円程度、平均では58万円程度です。一般葬になると安いところでも47万円、平均では72万円程度になります。市川市の葬儀社選びでは、料金だけでなく評判も良くチェックをしましょう。「事務的な対応が当たり前だと思っていたのに、行き届いた心遣いに感心した」、「祖父の好きな民謡をかけてくれた」などの声があるところもあります。また、「介護疲れで思考力のない私に的確なアドバイスをしてくれた」といった声もあります。市川市には良い評判の葬儀社もあり、良いところに依頼をすることで残された家族の精神的負担も軽減できるでしょう。良い終活をするためには、ただお金だけを残すだけでなく、良い葬儀社を探して家族にアドバイスしておくのも良い終活となります。